未だに継続中の私!もう慣れた避妊薬ピルや低用量ピルの副作用

妊娠を希望しないのであれば避妊薬ピル

人間子孫を残すためにはもちろんSEXをしなければいけません。
これは当たり前のことであり、代々そうやって先祖から繋がれてきました。
ただSEXを行うには人間は子孫を残す以外にもありますよね?それは快楽を求めるためです。
多くの人がSEXは子供を作るためだと理解しつつも、快楽目的で行っている場合がありますよね?
SEXは子孫を残すために神様がくれたプレゼントみたいなものなのです。
しかし、もちろんSEXは子供を作るための作業ですので、避妊しなければ子供が出来てしまうことがあるのは当たり前です。
では妊娠しないためにはコンドームなどを着用しますが、それだけでは100%妊娠しないとは言い切れないのはご存知ですか?もしあなたが妊娠を希望していないのであれば、早急に避妊薬ピルを服用することをお勧めいたします。
避妊薬ピルは海外などでは大変ポピュラーなもので一般的に使用されています。
以前までは中容量のものが、避妊用として一般的に使用されてましたが、副作用の観点から今では低用量ピルが避妊薬ピルとして活躍しています。
治療用ピルと、避妊用では異なり、日本で保険が適用されるのは前者の治療用ピルになります。
低用量ピルはホルモンの量を調整されていますが、服用を決められた通りにすることでほぼ100%に近い99%の確率で妊娠いたしません。
さらに副作用もほとんどなく、安心して服用することが出来るのです。
避妊効果以外にも、ホルモンを調整してくれるので、ニキビが改善されたり、生理周期が正常になったり、生理痛が緩和されたりなどと女性メリットがあることばかりです。
さらに子宮頸がんなど女性特有の疾患に対しても予防することが出来るので、妊娠を希望していない女性にとってはうれしいですね。
低用量ピルは安全性も高く、副作用も軽減されているので若い女性こそ服用することをお勧めいたします。
海外では一般的とされているピルですが、日本ではまだまだ理解度が低く、中には偏見を持っている人もいます。
妊娠は望んでる人にとってはとてもうれしいことですが、希望していない人にとっては大変深刻な問題です。
女性が苦しむことになるので、これから日本でもピルの普及が広まることを願っています。